アルミ縞板の強み

アルミ縞板について

普段の日常生活で何気なく接してしまうものは数多く、アルミニウムもその1つに数えられます。アルミであるキッチンのアルミ箔をはじめ、アルミ缶は日々利用しているでしょう。さらに1円玉がアルミと分かると、ほぼ日本人は毎日のようにアルミニウムと接触があるといえるでしょう!

そのくらい身近になりますが、日常生活において建築資材でも多用されています。アルミは軽金属を代表するような物質になりますがどのようなものがあるでしょう。

例えばアルミサッシもアルミです。そう言われると改めて気づくでしょう。
さらに足元によく使われるのが、アルミ縞板になります。あまり聞きなれない気がしてしまいますが、アルミ縞板をみれば、よく歩道でみかけると誰しも分かるのではないでしょうか。

アルミ縞板は、歩くのに不安定な状態を避けるために設置されているので、安全性の確保には欠かせないないでしょう。なかなか足元にまで意識が向かいにくいでしょうが、通路や階段のステップの床材として、滑り止めの機能を果たしているのです。

アルミ縞板の床材とは

アルミでも、主にアルミ縞板は床材と使用されることが一般的です。鋼板は幅広い種類のなかでも、アルミ縞板は選ばれやすい理由があります。

まずアルミニウムは軽金属を代表する種類となり、しかもアルミの代用はなかなか難しいほど、メリットの高い条件を備えます。アルミ縞板であれば、まず縞板にできるということが最大の特長というくらい。他の金属であれば、縞板に加工すること自体が難しいので、コストが違ってしまいます。

もちろんアルミ縞板は軽金属でありながら強度が高いので、重量の負荷が軽減できることでも、床本体に負担が少ない床材として補強にも使えます。しかもアルミ縞板であれば、見た目がだいたいシルバーのシンプルなデザインなので設置場所を問わず、美観を損なわない好条件になります。むしろ化粧板としても機能するほど、アルミ縞板であれば見映えがいいでしょう!

さらにアルミの特性を活かして、サイズ加工がしやすいことでも、アルミ縞板は建築資材としてコストパフォーマンスが優秀な材質です。